パナ,PLCによるホーム照明を新駅に納入

パナソニックは,東日本旅客鉄道(JR東日本)とPLC(電力線通信)による調光調色が可能な駅ホーム用の照明制御システムを共同で研究開発し,2020年3月14日に開業予定の新駅「高輪ゲートウェイ」駅に,合計594台のPLC通信部内蔵ホーム用照明器具を納入した(ニュースリリース)。

なお,PLCによる調光調色照明制御が駅のホームに本格採用されるのは,国内初となる。

照明器具を調光調色するためには,電源線とは別に信号線を敷設する必要があり,費用と工期がかかるため,駅での照明制御システムの導入は数多くない。特に,駅ホームでの改修は,工事可能な時間が終電から始発までの短時間に限られるため,導入しづらいという背景があった。

信号線不要の通信方式として無線方式があるが,駅構内では無線LANや列車無線などさまざまな無線が利用されているため,混信による通信性能の低下が懸念される。そこで,信号線が不要かつ無線を使わない方法としてPLCに着目した。

PLCとは,電気機器にエネルギーを供給する電力線に高周波の通信用信号を乗せて伝送することにより,電力線を通信線としても利用する技術。従来は,照明制御盤から各照明器具へ信号線を敷設する必要があったが,PLC照明制御システムでは信号線が不要になる。

研究開発では,まずPLCの通信方式の選定を行なった。PLCは,使用する通信周波数帯域によって低速PLC(10~450kHz)と高速PLC(2~30MHz)に分けられるが,今回は屋外使用の法整備が進んでいる低速PLCのうち,電源環境ノイズの影響を受け難いG3-PLC方式を採用した。

しかし,実際の駅においては,さまざまな電気機器が使用される上,構内の無線や列車発停車に伴う電磁波などさまざまな影響が想定された。そこで,実際の駅での電源環境(ノイズなど)を測定し,その環境の中でも正常に動作するよう最適な回路設計を実施した。

さらに,PLC通信部を内蔵した照明器具(試作機)を製作し,2017年7月~12月,千葉駅ホームに設置してフィールド試験を行ない,実環境において運用可能な通信品質であることを確認した。

上記のような取り組みを踏まえ開発したホーム用照明器具は,時間帯や天候に応じ,PLCにより調光調色制御を行なう。日中は自然光との調和を図るため,昼白色~白色の光で照明し,夕方からはコンコースと合わせて電球色の温かみのある光の照明にしている。

なお,高輪ゲートウェイ駅には,ホーム照明のほか,コンコースや外構などにも,同社の照明器具や統合監視システムなどが採用されている。

その他関連ニュース

  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 日亜,人にやさしい照明を共同開発 2021年08月23日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 摂南大ら,街の照明が昆虫の冬眠を妨げると証明 2021年07月16日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • DNPら,高速道路で車線変更を指示する照明を開発 2021年07月05日
  • パナ,天窓を再現する空間演出システムを開発 2021年05月31日
  • パナの星空に優しい照明,岡山県県道に設置 2021年05月10日