ソニー,イメージセンサー開発拠点を大阪に設置

ソニーは,CMOSイメージセンサーの事業拡大に向けて,ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)大阪オフィスを開設する(ニュースリリース)。

大阪オフィスは,同社として関西で初めてのCMOSイメージセンサー設計開発拠点となり,2020年4月1日の設立を予定している。

大阪オフィスの開設により,同社は,関西における優秀なアナログ設計エンジニア,ロジック設計エンジニアなどの人材獲得を通じて,今後も市場拡大が見込まれるモバイル機器やIoT市場向けのCMOSイメージセンサー設計開発能力を強化し,製品ラインアップの拡充を目指すとしている。

ソニーセミコンダクタソリューションズ 大阪オフィスの概要
所在地:大阪府大阪市北区中之島2丁目3-33 大阪三井物産ビル15階
フロア面積:約1,540m2

その他関連ニュース

  • 住友化学,最先端プロセス向けフォトレジスト増産 2021年09月07日
  • 浜ホト子会社,増産に向け電子管光源製造棟を建設 2021年07月27日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • 浜ホト,電子管製品増産に向け新棟を建設 2021年05月25日
  • ウシオ,投影露光装置の生産能力を再増強 2021年05月11日
  • ソニーセミコン,新規CMOSセンサーラインを稼働 2021年04月21日
  • 浜ホト,売上拡大に対応する新棟建設 2021年04月21日
  • 三菱,産業メカトロニクス製作所を設立 2021年03月02日