ショット,使い捨て内視鏡用照明を開発

独ショットは,簡単かつ迅速に設置できるプラグアンドプレイのライトガイドである照明ソリューション「SCHOTT SingleEZ Guide」を開発した(ニュースリリース)。

この製品は柔軟なグラスファイバーによる省スペース融合により,必要とする正確なスポットに最大量の光を届けることができる。これにより熱を減らし,医療機器としての登録を容易にするという。

同製品の主な特長は以下の通り。
・直径を最小化し効率を最大化
気管支鏡,鼻鏡,尿道鏡などの特に細い内視鏡は,照明用のスペースがほとんどなく,ライトガイドの外径は非常に限られている。この製品は,利用可能なスペースのほとんどを使うことにより,最大光出力を提供する。

・規制熱管理
この製品は熱管理などの技術的な問題を解決することによって,製品設計を改善する。パッシブグラスファイバーを通して光を送ることにより,光ファイバー照明ソリューションは,内視鏡の先端から熱を発生するLED光源を分離する。

LEDを人体組織から遠ざけておくことで,温度が組織損傷が発生する臨界しきい値を下回ることができる。また,これにより,医療技術標準および規制要件を満たすことが容易になり,迅速な承認と素早い市場導入が可能になるという。

・高品質の光が良好な画像を作成
同製品は,120°の光線角度を提供する。カメラのイメージング角度と正確に一致させることで,影のない照明が可能になる。

また,高品質の光源からの光が正確に作用点に到達するため,内視鏡全体の演色評価数も改善する。正確な画像は,最適な組織分析と適格な診断の前提条件となるので,この高画質には明確な利点があるとしている。

・複雑さの軽減
ガラス光ファイバーは,製造および組み立て中に特別な取り扱いが必要になるため,使い捨てデバイスのコンポーネントと見做されないことがある。

しかし,この製品はプラグアンドプレイであるため,完全な内視鏡システムに組み込むことができる。ファイバーバンドルを取り扱ったり,研削や研磨せずにこの照明ソリューションを統合できるため,イノベーションを迅速に行なうことができる。

同社はこの製品の開発を,使い捨て内視鏡市場への参入を表明するものだとしている。

その他関連ニュース

  • ソニーとオリンパス,協業で内視鏡システムを開発 2022年09月28日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 愛媛大ら,ロボット手術支援用腹腔内カメラを開発 2022年05月31日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日
  • 理研ら,被爆しない血管内治療練習システムを開発 2022年02月28日
  • 島津,X線で捉えた内視鏡検査用器具を鮮明化 2022年02月21日
  • 神大ら,セキュアクラウドで内視鏡映像の伝送実験 2022年01月24日
  • 医科歯科大ら,潰瘍性大腸炎診断支援AIを開発 2021年11月30日