三菱電機,波長モニタ内蔵のDFBレーザーを開発

三菱電機は,光ファイバー通信用光トランシーバーの光源として使用される光デバイス新製品として,高速・長距離伝送可能な通信方式として期待されるデジタルコヒーレント通信方式用では業界初となる小型パッケージの「TO-56CAN」を採用した「波長モニタ内蔵DFB-CAN」のサンプル提供を4月1日に開始すると発表した(ニュースリリース)。

IoT技術の発展により,ネットワークに接続される端末の増加に加え,高解像度映像ストリーミングや生成AI技術の利用拡大により,通信量が爆発的に増大しているため,ネットワークの高速化や大容量化がこれまで以上に求められている。

光通信信号が高速になると波長分散による信号波形の歪みが発生し信号伝送可能距離が制約されることから,近年では信号処理技術の適用により歪みを補正でき,従来の強度変調通信方式に比べて高速・長距離伝送可能なデジタルコヒーレント通信方式が注目されている。

また,通信量の増加に伴い,光トランシーバーの利用個数も増加しており,光トランシーバーや構成する部品に対して,小型化,低消費電力化の要求も高まっている。

今回,同社が開発した製品は,デジタルコヒーレント通信方式用の光源として業界初となる小型パッケージの「TO-56CAN」を採用し,複数の光学部品を1チップ化した波長モニタチップとDFBレーザーチップを搭載した。

熱電変換素子の改良や放熱構造の最適化により消費電力1Wを実現し,また,波長モニタチップを同一パッケージに内蔵することで,DFBレーザーチップの高精度制御が可能になり,波長1547.72nmのレーザー光を出力するという。

これにより,普及が進むデジタルコヒーレント通信方式用400Gb/s光トランシーバーや,OIFで現在仕様が検討されている次世代の800Gb/s光トランシーバーの小型化と低消費電力化するとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日
  • 古河電工,CPO用ブラインドメイト型外部光源を開発 2024年03月28日
  • NTT,マルチベンダでの400・800Gb/s相互接続デモ 2024年03月27日
  • 古河電工,前方励起ラマンユニットの信号品質を向上 2024年03月22日