東京モータショーに見る自動車照明の未来

2019年10月24日〜11月4日,東京モーターショーが東京国際展示場にて開催された。前回は自動運転が大きなトピックスであったが,今回は「CASE」(Connected,Autonomous,Shared,Electric)が注目され,トヨタが実車ではなくコンセプトカー中心の展示としたことも話題となった。こうした近未来の自動車技術に光技術はどう利用されるのか。ここでは会場で見た照明など光技術の動向について報告する。

小糸のLiDAR組込み型ヘッドランプユニット

ヘッドランプ組込み型LiDAR
自動運転においてLiDARの搭載位置は悩ましい問題の一つだ。周囲360°を監視するために,車体周囲に複数のLiDARを設置することが検討されているが,自動車の外観をスマートに見せかつ雨や雪,汚れに強いLiDARの設置場所として,ヘッドランプメーカーはヘッドランプユニットへの内蔵を提案している。

小糸製作所はかつてよりLiDARメーカーとの協業を進めており,これまで米Cepton Technologies米Quanergy Systemsとの協業を発表してきている。そして今回,独Blickfeldの開発するソリッドステートLiDARをヘッドランプユニットに組み込むためのモジュールの試作品を展示した。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    その他関連ニュース

    • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
    • ローム,次世代コクピット向けSoC中国企業と協業 2022年07月12日
    • 東北大,感圧塗料などで車の風圧分布を瞬時に推定 2022年06月24日
    • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日
    • 2035年車載イメージセンサー市場,2,900億円に 2022年06月01日
    • AGCのLow-E調光ガラス,レクサスBEVモデルに採用 2022年05月31日
    • ソニー,モビリティ開発新会社を設立 2022年04月05日
    • 東芝,手のひらサイズLiDARで300m測距に成功 2022年03月18日