東大ら,μmのシート構造とnmのかご構造を生成

東京大学と京都大学の研究グループは,自己集合性錯体の形成において,テンプレートとなる分子の有無により,μmサイズのシート構造とnmサイズのかご構造という構造的に異なる二種類の生成物をそれぞれ選択的に与えることを見出した(ニュースリリース)。

分子自己集合は構成要素となる分子が相互作用し,自発的に秩序構造を形成する現象だが,最終構造体へ至るまでに,どのような中間体を生成し,どのような経路を経て進むのかは,これまでほとんど明らかにされていなかった。

今回,テンプレートとなる分子の有無により,μmサイズのシート構造とnmサイズのかご構造という,構造的に異なる二種類の生成物をそれぞれ選択的に与えることを見出した。

また,自己集合過程を調べることで,どの段階で二種類の構造の形成が決まるのかを明らかにすることにも成功した。さらに,テンプレートによって形成が促進されるかご構造の形成過程では「速度論的テンプレート効果」と呼ばれる現象により,シート構造の生成を抑制されていることが明らかになった。

テンプレート分子を用いるとシート構造からかご構造へ変換可能なため,研究グループはこの概念をもとに,特異な分子に対して刺激応答性を示す材料の開発に繋がることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,厚さ2nm縦横1μmの光分子センサー開発 2021年08月26日
  • 東大ら,ナノ構造で高感度にキラル分子を構造解析 2021年05月25日
  • 京大ら,孔径を制御した多孔性カーボンを開発 2021年05月24日
  • 京大,貼るだけで3次元ナノアンテナを作製 2021年05月11日
  • 阪大,モルフォ蝶から新たな採光窓を発案・設計 2021年04月23日
  • 関学,量子ドットと光応答有機分子の配列を光制御 2021年02月19日
  • 金沢大,質量分析法の精度を向上する計算モデル 2021年02月16日
  • 東大ら,結晶化現象とその成長の動画記録に成功 2021年01月22日