長崎大,「ロウソクの科学」に関する新知見


長崎大学の研究グループは,強力な電場中において,炎がどのように振る舞うのか,さらに炎の温度や発光の様子がどのように変化するのか,プラズマ物理学的な観点から研究し,英国科学誌「Scientific Reports」において発表した(ニュースリリース)。

2019年のノーベル化学賞に選ばれた吉野彰博士は,小学校4年生の時,大学で化学を専攻した担任からファラデーの「ロウソクの科学」を紹介されて,理科に興味を持ったと語っている。

「ロウソクの科学」は,19世紀に活躍した英国の科学者マイケル・ファラデーの王立研究所におけるクリスマス講演の内容をもとに編集され,1861年に出版された。

「ロウソクの科学」では,たった1本のロウソクが織りなす多彩な自然現象をめぐって,ファラデーの科学観が生き生きと語られており,最終章では, 科学の発展と人類の平和を願う科学者ファラデーの希望に満ちた言葉で締めくくられている。

ファラデーは自然科学に関する数多くの発見をしたが,その中のひとつである電磁誘導は,その後,電気を作り出す「発電の技術」へと発展して世界中を劇的に変化させた。ロウソクの炎はわずかに電離しているため,電気的な性質を持っている。したがって強力な電磁場中における炎は,電場や磁場から影響を受ける。

プラズマは電気的な性質を帯びた粒子である。強力な直流電場中に置かれた炎はマイナス極側に引き付けられ,交流電場中に置かれた炎は両極に引き付けられて扁平な形状に変化する。さらに電場を強めると炎中にアーク放電が生じる。

これらの研究成果は今後,電磁場による炎の制御や燃焼科学への応用に寄与することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,レーザー核融合に磁場でプラズマ閉じ込め 2021年10月15日
  • 阪大ら,10億気圧の光のエネルギー閉込めに知見 2021年07月07日
  • 岐阜大,レーザー照射による金と銅の安定性を解明 2021年03月30日
  • 芝工大ら,LIPで果実の成熟度を非接触計測 2021年03月02日
  • 島津,イメージングシステムを発売 2020年11月10日
  • 紫光技研,家庭用プラズマオゾン発生装置を発売 2020年09月03日
  • 阪大ら,前人未踏のプラズマ現象をレーザーで再現 2020年09月01日
  • 量研ら,高強度レーザーで世界最大の電場を発生 2020年07月16日