シャープら,太陽光発電の余剰電力買取を開始

シャープエネルギーソリューションは,丸紅ソーラートレーディングと協業し,太陽光発電システムの余剰電力買取サービス「SHARPプラン」と,蓄電池の購入者を対象とした「SHARPプラン 蓄電池プレミアム」(蓄電池プレミアム)の提供を2019年11月より開始する(ニュースリリース)。

2009年11月に開始されたFIT(固定価格買取制度)は,余剰電力の固定価格買取期間が10年間に設定され,期間満了を迎える世帯は,2019年11月から12月だけでも約53万件に上る。

これら「卒FIT」を迎える世帯に,余剰電力買取サービス「SHARPプラン」を提供するほか,同社の蓄電池を新規で購入した顧客を対象に,「SHARPプラン」の買電価格に4円/kWhを加えた買電プラン「蓄電池プレミアム」を,同プランの契約より1年間提供するという。

今回の協業では,丸紅ソーラートレーディングは電力の買取業務を,シャープエネルギーソリューションは営業支援業務を担うとしている。

その他関連ニュース

  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • NTT-AT,無色透明発電ガラスの販売を開始 2021年09月09日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • 2035年PV導入量,2020年2.1倍の1億4,100万kWに 2021年07月06日
  • AGCの太陽光発電ガラス,産総研のキャノピーに 2021年06月29日
  • NIES,太陽光発電の環境への影響を評価・予測 2021年03月30日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日