ウシオ電機,検査用光源ユニットに新ブランド

ウシオ電機は,ガラスやレンズ,フィルムなどの品質および欠陥検査に最適な検査用光源ユニットの新ブランド「arctruth(アークトゥルース)」を立ち上げた(ニュースリリース)。

ガラスやレンズ,フィルムなどの品質検査・欠陥検査は,対象物に光を照射しスクリーンに投影された影を目視で検査する方法や,顕微鏡を用いた検査などが行なわれているが,限られた工数の中で品質への要求は年々厳しくなり,検査方法の改善による歩留まり維持,および効率化が課題となっている。

同社は,これら検査プロセスに対し,30年以上に渡って検査用光源ユニット「Optical Modulex(オプティカルモデュレックス)」シリーズや,電源一体型検査光源ユニット「230VILS」などを提供してきたが,検査対象物や検査方法を問わずさまざまな検査ニーズに対応するため,これら複数の製品ブランドを統一し,新ブランドとして展開していく。

このブランドは,「見たいものが正確に見える」ことが必須の検査プロセスにおいて,特に「検査のプロフェッショナルユース」をコンセプトとした。「arctruth」は造語で,うしかい座の一等星(Arcturus)と「真実(truth)」を合わせたもの。

ラインナップは,ベーシックモデル(旧OPMシリーズ),コリメーターレンズモデル(旧OPMシリーズ),エントリーモデル(230VILS)。このほか新ラインナップとして,大型製品の検査ニーズの高まりを受けて,高輝度点光源ランプを用いた装置開発ノウハウを生かし,直径2,000mm以上の大きなワークに適した「大面積モデル」を2019年8月1日より販売する。

その他関連ニュース

  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 日本触媒,iOLEDフィルム光源を織物に応用 2021年04月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 日本触媒,紙より薄い光源の製造開始 2020年11月12日
  • 東北大ら,AlNとInNによる高効率光源実現に道 2020年11月06日
  • 徳島大ら,AMEDの新型コロナ研究開発支援に採択 2020年06月11日
  • 東大,液滴カプセルの超高速分取技術開発 2020年06月01日
  • ウシオ電機,スポット用ブロード波長照射装置発売 2020年05月22日