三菱,FA向けコードリーダー2機種を発売


三菱電機は,FAセンサー「MELSENSORシリーズ」の新製品として,米コグネックスとの共同開発により,同社製シーケンサとの接続が容易で高い読み取り率を実現する物流・製造現場向けコードリーダー2機種を6月27日に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

FA技術とITを活用し,開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減する同社のFA統合ソリューション「e-F@ctory」の導入を支援する「CC-Link IE フィールドネットワーク Basic」などに対応。読み取ったデータをシームレスに収集・管理でき,物流や製造現場でのトレーサビリティーや品質管理の向上に貢献するという。

また,激しく損傷した状態の悪いコードでも安定した読み取りを実現するコグネックスの独自アルゴリズム「Power GridTM」を採用し,コードの高い読み取り率を実現。高輝度照明などのオプションと組み合わせることで,自動車部品のシャフトやベアリングなど光沢や反射が強い面に打刻されたコードも読み取り可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • 公大ら,レーザー加工を用いた風雨センサーを開発 2022年05月13日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • 日清紡マイクロ,光学式反射型センサを開発 2022年03月08日
  • 東大ら,1024個の分子センサを1チップに集積 2022年01月24日
  • キヤノン,世界最高画素数のSPADセンサーを開発 2021年12月20日
  • 竹中電子,熱材位置検出センサーを発売 2021年11月08日
  • 浜ホト,演算機能内蔵型プロファイルセンサー発売 2021年09月02日
  • OKI,光ファイバーセンサー製品がNETISに登録 2021年08月30日