スタンレー,超ハイパワー赤外LEDを発売

スタンレー電気は,車載用のドライバー・モニタリング・システムや乗員検知,さらに高画質な画像が求められるセキュリティーカメラなどのニーズに対し,適正な照度が取れない環境下でも,鮮明な画像が得られる高出力の赤外LED「MHN1105MS」「MHN1106MS」を開発し,販売を開始した(製品ページ)。

同社のパッケージ技術により,従来品の高効率タイプ「MFNシリーズ」の約1.7倍の光出力(1,630mW(MHN1105MS),1,760mW(MHN1106MS))を実現している。発光波長は945nm,順電圧2.9V,指向半値角は60度(MHN1105MS)と120度(MHN1106MS)の2種をシリーズ化。ヘッドランプ用などのハイパワーLEDで培った低熱抵抗と高信頼性の技術を応用したという。

同社は今後も高出力と高効率の赤外LEDのラインナップを拡充し,多様なニーズに応えていくとしている。

主な用途は以下の通り。
・ドライバー・モニタリング・システム
・乗員検知
・ジェスチャーコントロール
・セキュリティーカメラ
・赤外投光器
・マシンビジョン
・各種センサ

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • G-Smattら,可視光LEDによるコロナ不活化を確認 2021年06月23日
  • ナイトライド,マイクロUV-LEDの微細化に成功 2021年05月11日