オリンパス,LED透過照明架台とライトガイド光源を発売

オリンパスは,薄型LED透過照明架台と落射照明用のLEDライトガイド光源を2019年6月5日より日本国内で発売した(ニュースリリース)。

実体顕微鏡は,対象物を立体的に観察できるのが特長で,研究・開発や品質管理などさまざまな分野で使用されている。同社では,クリアな観察と快適な操作性を実現した「SZX2」シリーズと,コンパクトで使いやすさを追求した「SZ2」シリーズを展開している。その他にも,明るさや高い解像度が求められる観察条件で活躍するマクロズーム顕微鏡「MVX10」を提供している。

今回の製品はどちらも「SZX2」「SZ2」シリーズ,および「MVX10」に搭載できる。透過照明架台は独自のカートリッジ方式により,明視野,暗視野,偏斜,偏光などの観察方法とコントラストを自由に選択可能。

これにより1台の顕微鏡で9種類の観察条件にフレキシブルに対応できるという。また薄型で広い上面スペースを採用したことで,作業性とエルゴノミーを向上している。

さらに,新しくなったLED光源によってより明るい観察が可能になった。平均約60,000時間の長寿命,ハロゲンランプ光源の約半分以下の消費電力を実現し,架台面上の温度上昇も少ないため,生きているサンプルの長時間観察にも最適としている。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • 東北大,BEM電極の量産化と回折限界越えに知見 2021年11月08日
  • 産総研,接着剤が剥がれる過程をリアルタイム観察 2021年11月04日
  • 九大,機械学習で最速の3次元電子顕微鏡観察 2021年10月27日
  • 東大,繊毛虫の螺旋軌跡を3Dイメージング 2021年10月22日
  • 農工大,複合的観察が可能なレーザー顕微鏡を開発 2021年10月08日
  • ニコン,目の負担軽減する検査用顕微鏡を発売 2021年10月04日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日