東北大,日焼け・白肌に関連する遺伝子を同定

東北大学は,1つの新規遺伝子を含む7つの日焼け・白肌を決める遺伝子を同定した(ニュースリリース)。

肌の色は,その色合いや日焼けのしやすさからいくつかのタイプ(スキンタイプ)に分けられる。日本人のスキンタイプは日焼けのしやすさから,白肌で赤くなるが黒くならないI型,中間のII型,褐色から色黒肌で赤くならずに黒くなるIII型の3つの型に分けられる。

今回の研究では,約1万人(宮城県,岩手県在住)を対象として,日焼けのしやすさについてのアンケートを実施。スキンタイプをゲノムワイド関連解析(GWAS)し,日本人の日焼けに関連する7つの関連遺伝子を同定した。

同定された7つの関連遺伝子の中で,日本人のスキンタイプに最も強く影響を与えているOCA2遺伝子では,欠失変異により白皮症(肌や髪の毛が真っ白になる状態)になることが知られ,今回の研究はOCA2遺伝子の少しの変化(一塩基多型:SNP)が日本人のスキンタイプにも影響することを見出した。

OCA2遺伝子をさらに詳しく解析すると,複数箇所のSNPが日本人スキンタイプに関連することが明らかになり,OCA2遺伝子上に複数のSNPを持つ人が,日焼けに弱い傾向にあるI型に多いこともわかった。さらに,スキンタイプ・日焼けとの直接的な関連が知られていなかったRAB32遺伝子が日本人のスキンタイプに影響することも発見した。

肌の色を決める主要な色素であるメラニンは皮膚の色素細胞で産生されるが,RAB32はメラニンの細胞内合成と輸送に関係するタンパク質。このことから,RAB32遺伝子のSNPがメラニン色素の移動しやすさに影響して,スキンタイプを決めていることが予想できるという。

研究グループは,スキンタイプは日光による皮膚老化や発癌しやすさに影響し,特にOCA2は皮膚癌の発症しやすさとの関係があることから,この研究の成果が皮膚老化や皮膚発癌の予防研究に発展するとしている。

その他関連ニュース

  • 基生研ら,光遺伝子組換酵素の高活性化条件を発見 2021年11月24日
  • 東大,4種のオルガネラの蛍光可視化を実現 2021年11月11日
  • 岡山大,穂の白いオオムギは光合成が低いと解明 2021年10月27日
  • 浜松医大ら,皮膚貼付型組織オキシメーターを開発 2021年10月21日
  • 熊本大,蛍光で細胞周期阻害物質を探索 2021年08月27日
  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • 九大ら,光で超高解像度な遺伝子解析に成功 2021年07月21日
  • 新潟大,非侵襲な細胞評価法を開発 2021年05月18日