ams,LiDAR向けVCSELをIbeoとZFに提供

オーストリアのamsは,自律走行やその他のアプリケーションにて「ソリッドステート」のLiDAR技術を促進するために,独Ibeo Automotive Systems GmbH(Ibeo),独ZF Friedrichshafen AG(ZF)と提携することを発表した(ニュースリリース)。

Ibeoは,オートモーティブLiDARセンサー技術の専門企業,ZFは,乗用車,商用車,産業技術のためのシステムを展開するテクノロジー企業。amsはオートモーティブグレードのVCSEL(面発光型半導体レーザー)アレイとドライバーを2社に提供し,エッジエミッターやLEDといった競合する光源よりも優れた信頼性と安定性を実現するとしている。

光ビームの方向を切り替える際に機械部品を必要とせず,信頼性を改善しつつ複雑性,寸法,重量,コストを削減できるとする,VCSELを用いた「ソリッドステートLiDAR」において,amsは照明ソリューションを販売する初の企業になるという。

3社は,2021年までにこの技術を迅速かつ安全に導入できるよう,共同で研究開発を行なう。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 北陽電機,AGV/AMR向けLiDARを発売 2021年04月06日
  • 港空研ら,グリーンレーザースキャナーで海底計測 2021年04月05日
  • 村田製作所,LiDARで交通量を見える化 2021年03月31日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • STのMEMSミラー,IntelのLiDARに採用 2021年03月19日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日