小糸製作所,ヘッドランプに独LiDAR搭載を検討

小糸製作所は,LiDAR技術の開発企業の独Blickfeld GmbH(Blickfeld)と共同で,小型LiDARのサンプルを試作し,ヘッドランプに搭載するための検討を開始した(ニュースリリース)。

Blickfeldの3次元ソリッドステートLiDARは,コア技術としてシリコンMEMSミラーを採用,コンパクト化を実現することにより,自動車照明器内部への搭載を容易としている。これにより車両のデザインに影響を与えることなく,リアルタイム3次元マッピング,物体検知のほか,物体認識や追跡も可能となるという。

同社の自動車照明器技術とLiDAR技術を組み合わせることにより,自動車メーカーは高性能なLiDARをひとつの統合部品として車両に搭載することが可能となり,先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システムでの採用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 京セラ,生き物の育成・観賞用に特化したLEDを発売 2024年06月17日
  • 2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円
    2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円 2024年06月10日
  • 【注目製品】ADBの高性能化を目指すLED搭載ヘッドライト 2024年06月05日
  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 北陽電機,ソリッドステート3D LiDARを発売 2024年05月22日
  • 【OPIE】パイフォトニクス,レーザー照明登場 2024年04月24日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • パイフォトニクス,レーザー光源採用の照射装置発売 2024年04月18日