小糸製作所,ヘッドランプに独LiDAR搭載を検討

小糸製作所は,LiDAR技術の開発企業の独Blickfeld GmbH(Blickfeld)と共同で,小型LiDARのサンプルを試作し,ヘッドランプに搭載するための検討を開始した(ニュースリリース)。

Blickfeldの3次元ソリッドステートLiDARは,コア技術としてシリコンMEMSミラーを採用,コンパクト化を実現することにより,自動車照明器内部への搭載を容易としている。これにより車両のデザインに影響を与えることなく,リアルタイム3次元マッピング,物体検知のほか,物体認識や追跡も可能となるという。

同社の自動車照明器技術とLiDAR技術を組み合わせることにより,自動車メーカーは高性能なLiDARをひとつの統合部品として車両に搭載することが可能となり,先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システムでの採用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 原研,LiDARとカメラ等で原発の3Dマップを作成 2021年05月17日
  • パナの星空に優しい照明,岡山県県道に設置 2021年05月10日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • 北陽電機,AGV/AMR向けLiDARを発売 2021年04月06日
  • 港空研ら,グリーンレーザースキャナーで海底計測 2021年04月05日
  • 村田製作所,LiDARで交通量を見える化 2021年03月31日
  • STのMEMSミラー,IntelのLiDARに採用 2021年03月19日
  • AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用 2021年03月18日