ポラテクノ,薄型・高耐熱のインセル用偏光子を開発

ポラテクノは,薄型で耐熱性に優れたインセル用偏光子の開発に成功した(ニュースリリース)。

インセルとは偏光子をディスプレーの内部に配置することをいい,ディスプレーの高性能化や様々な機能付与が可能になる。従来の偏光板は,染色したPVA(ポリビニルアルコール)フィルムをTAC(トリアセチルセルロース)フィルムなどの支持体で挟んだものに接着剤を塗布した構造で,厚みも165μmと厚いものだった。

同社が開発したインセル用偏光子は,染色したPVAと接着層のみから構成されていて,厚さは15μmと非常に薄くなっている。また,150℃の高温に30分耐えることができ,液晶ディスプレー,有機ELディスプレーへのインセル化が可能になる。

量子ドットカラーフィルターの液晶層側にインセル偏光子を配置すれば,屋外視認性に優れ,消費電力が小さく,色再現性に優れた液晶ディスプレーの実現が可能になる。また,カバーフィルムと有機EL素子の間にインセル用偏光子を配置すれば,有機ELディスプレーの薄型化,フレキシブル化に寄与できるという。

製品は,2019年6月からサンプル出荷を開始し,2020年9月から量産を開始する予定だとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,自然旋光性の電場制御に成功 2021年05月06日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日
  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日
  • アストロデザイン,ディスプレー測定システム発売 2021年03月23日
  • GSアライアンス,白色LED用量子ドット材料を開発 2021年03月18日
  • 医科歯科大ら,偏光観測向け蛍光標識技術を開発 2021年03月12日
  • TEL,OLED向けプラズマエッチング装置を発売 2021年03月12日