SEMI,Q1/2019のシリコンウエハー出荷面積5.6%減少を発表

SEMIは,4月29日(現地時間),2019年第1四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が,前期比1%減であった2018年第4四半期から5.6%減少したと発表した(ニュースリリース)。

これによると,2019年第1四半期に出荷されたシリコンウエハー面積は30億5,100万平方インチで,2018年第4四半期の32億3,400万平方インチから減少しているという。

また,今年のシリコンウエハーの世界出荷面積は,過去最高であった昨年をわずかに下回る水準でスタートし,ある程度の季節変動と在庫調整の進行があったが,依然としてシリコン出荷面積は高水準にあるとしている。

■ 半導体用シリコンウエハー*  出荷面積動向 (百万平方インチ

四半期 2017年
第4四半期
2018年
第1四半期
2018年
第2四半期
2018年
第3四半期
2018年
第4四半期
2019年
第1四半期
出荷面積 2,977 3,084 3,160 3,255 3,234 3,051

(出展:SEMI 2019年4月)
* 半導体用のシリコン以外は含まない。

その他関連ニュース

  • 2019年度食品非破壊検査装置市場,微減の454億円 2021年05月17日
  • 2019年度医用画像関連市場,7.1%増567億5,300万円 2021年04月27日
  • SEMI,2020年世界半導体材料販売額は過去最高に 2021年04月23日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 金沢大ら,ダイヤモンドウエハーの平坦技術を開発 2021年04月21日
  • SEMI,2020年半導体製造装置販売額は19%の急増 2021年04月14日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日