東工大ら,緑色蛍光タンパク質型グルコースセンサーを開発

東京工業大学と東京大学は,新規緑色蛍光タンパク質型グルコース(ブドウ糖)センサー「Green Glifon」の開発に成功した(ニュースリリース)。

グルコース(ブドウ糖)は,さまざまな生命活動や恒常性維持において重要な役割を果たしている。細胞内グルコースの動態は,細胞内の酵素の状態や細胞外からの刺激によってダイナミックに変化し,その代謝は,さまざまな生体反応の原動力となる分子を作り出す。

グルコース動態やそれを制御する関連分子の動態を,生きた細胞内で詳しく解析するためには,蛍光タンパク質を利用した分子センサーによる生細胞イメージングが有効であり,時空間分解能および汎用性が高いセンサーの開発が待ち望まれていた。

今回,研究グループは緑色蛍光タンパク質を基盤とした3種のグルコースセンサーを開発し,それらを利用した生細胞内グルコース動態の可視化に成功した。このセンサーは分割した緑色蛍光タンパク質(Citrine)の間に,グルコース結合ドメイン配列を融合した構造を持つ。

蛍光タンパク質とグルコース結合タンパク質をつなぐ,リンカー領域の長さとアミノ酸配列を最適化することにより,グルコース添加時の蛍光輝度が約7倍に上昇した。さらに,グルコース結合ドメインへ変異を導入することで,グルコースへの反応性が異なる3種の変異体を獲得することに成功した。

3種のGreen GlifonのEC50値はそれぞれ50μM,600μM,4,000μMで,これらの使い分けで生理的な濃度域である数百μM~10数mMのグルコース濃度変化のほとんどを検出できるという。

そして,細胞内のグルコース動態に加え,細胞小器官特異的な可視化やカルシウムイオンとの同時可視化も実現した。グルコースとカルシウム動態の2色同時可視化も可能であることが分かり,マルチカラーイメージングへの適用も期待できるとする。

また細胞だけでなく,線虫個体内のグルコース動態も可視化できることから,in vivoイメージングにも適用できる。さらに,人工甘味料とグルコースとの生理学的な相関を検討し,膵β細胞への人工甘味料投与が細胞内のグルコース動態を攪乱させる可能性を見出した。

以上の結果から,開発した3タイプのセンサーは生細胞のリアルタイムなグルコース動態の観察を可能にし,細胞のエネルギー動態やその破綻による病態を解析するうえで,重要なツールになるとしている。

その他関連ニュース

  • 熊本大ら,微量のがん細胞で発光強度の増大に成功 2021年09月01日
  • 熊本大,蛍光で細胞周期阻害物質を探索 2021年08月27日
  • 阪大,バクテリア由来の発光タンパク質を高光度化 2021年08月24日
  • 阪大,細胞内を0.1℃で計る蛍光タンパクを開発 2021年08月23日
  • 関医,肝・胆道がんの診断・治療に新手法を開発 2021年08月17日
  • 金沢大,細胞内相分離を評価する蛍光プローブ開発 2021年08月16日
  • 量研機構ら,量子操作で蛍光検出効率を100倍に 2021年08月03日
  • 府大ら,ゲルでがんの迅速透明化と3次元蛍光観測 2021年08月03日