キヤノンMJ,ナノX線CT顕微鏡を発売

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は,米Sigray製のナノX線CT顕微鏡「TriLambda」を4月1日より発売する(ニュースリリース)。価格は3億円~3億5千万円。

X線CT顕微鏡(コンピューター断層撮影装置)は,X線源と検出器の間で測定物を回転させながら360度全方向からX線撮影を行ない,コンピューターで断層像に再構成して表示する装置。物体の内部の状態を把握でき,半導体,高機能材料(電池,触媒など),天然資源,ソフトマテリアルなどの内部構造の解析・検査に利用されている。

この製品は,特許取得済みの高輝度マルチターゲットX線源と放射光施設で培ったX線光学技術を備えたナノX線CT顕微鏡。40nmの空間分解能と,マルチX線エネルギーに対応し,重元素から軽元素まで幅広い材料を高コントラストで可視化できるという。

主な特長は以下の通り。
・非破壊3次元イメージングにより,同一サンプルを異なる条件下で繰り返し測定が可能
・最大80μmの観察視野での測定が可能
・X線吸収コントラストモードとゼルニケ位相コントラストモードを搭載
・マルチX線エネルギー(2.7/5.4/6.4/8.0/9.7keVなど切替え可)により幅広い材料の可視化に対応
・ツイン放物面ミラーコンデンサーにより楕円面タイプに比べ広い観察視野で均一な焦点輝度
・新設計のゼルニケ位相リングにより,ハローアーティファクトを抑制

その他関連ニュース

  • 東大ら,X線バースト天体の不安定Mg燃焼を解明 2021年10月21日
  • 理研ら,ホロー原子でX線レーザーを短パルス化 2021年10月18日
  • 理研,X線タンパク質構造解析のガイドライン策定 2021年09月28日
  • 東北大ら,磁気八極子の観測に放射光で成功 2021年09月27日
  • 阪大ら,レーザー中性子とX線で同時瞬間撮影 2021年09月16日
  • 島津,マイクロフォーカスX線検査装置を発売 2021年09月14日
  • 理研ら,X線ナノプローブスキャナーを発明 2021年08月17日
  • 理研,水のナノメートル空間の相互作用を発見 2021年07月21日