東芝エネ,太陽光発電による水素充填所を完成

東芝エネルギーシステムズは,昨年,豊田自動織機から受注した再エネ水素充填所「H2PLAZA」が完成し,その開所式を3月22日に行ない,本格的な運用を開始したと発表した(ニュースリリース)。

この水素充填所では,再生可能エネルギーの1つである太陽光によって発電された電力で水素を製造し,圧縮・蓄圧して,豊田自動織機の高浜工場で稼動する13台の燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)に供給する。

同社が独自に開発した制御システムにより,FCフォークリフトの稼動状況に応じて水素の製造量を適正・適量に調整できることから,効率的なエネルギー活用を実現するとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,世界最高効率で麦芽糖の水素化反応に成功 2021年04月23日
  • NIES,太陽光発電の環境への影響を評価・予測 2021年03月30日
  • 京大,太陽光による水素製造法と水素化手法を開発 2021年03月03日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 量研ら,「歩き回る水素」をレーザーで可視化 2020年11月27日
  • カネカの太陽電池,トヨタの自動運転車に採用 2020年08月03日
  • NEDO,新たな太陽光発電技術開発44テーマを採択 2020年07月30日