オンセミ,NVIDIAと自律運転シミュレーションで提携

米オン・セミコンダクター(オンセミ)は,同社のイメージセンサー・モデリング技術を活用して,米NVIDIAのシミュレーション・プラットフォーム「DRIVE ConstellationTM」に,リアルタイムのデータを提供することを発表した(ニュースリリース)。

オンセミのイメージセンサーのモデルは,周囲の情報と制御信号の両方を「DRIVE Constellation」から受信し,その入力に基づきリアルタイムの画像を計算し,出力する。そして,そのシミュレーションされた画像を,「DRIVE Constellation」の処理のために戻す。

このセンサーモデルは,写真をデジタル出力に変換する過程のすべての重要パラメータ(量子効率,ノイズ,ゲイン,アナログ・デジタル変換,黒レベル補正など)を活用し,リアルタイムで正確なイメージセンサーデータを提供する予定だという。

これにより,このプラットフォームは,大規模なHILS(hardware-in-the-loop)テストと自律運転車の検証用に,ビット単位の精度を持つシミュレーションができるとしている。

オンセミは,カリフォルニア州サンノゼで開催されたNVIDIAの「GPUテクノロジー・カンファレンス(GTC)」(2019年3月18日~21日)の327番ブースで,先進のセンサー・シミュレーションのモデル,およびオブジェクト検出用に開発された新しいツールのデモを実施した。

このブースでは,プラットフォームに接続された業界最高レベルのセンサーのデモを行なった。同社は「DRIVE PegasusTM」プラットフォームとともに使用できる,1メガピクセルから12メガピクセルまでの車載用CMOSイメージセンサー製品を提供している。

その他関連ニュース

  • 理科大,単一光子検出型撮像のブレを抑制 2021年05月13日
  • キヤノンの高感度センサー,せいめい望遠鏡に採用 2021年05月12日
  • 古河電工と日亜化学,青色レーザー加工で長期提携 2021年04月27日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • キヤノン,照射量を検知するX線イメージセンサー 2021年03月31日
  • 東芝ストレージ,複合機向け高速CCDを発売 2021年03月23日
  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日
  • ソニー,1億2,768万画素3.6型GSセンサーを開発 2021年03月10日