LUMIBIRD,固体ナノレーザーを発売

仏LUMIBIRDは,2月5~7日,米国で開催されたSPIE. Photonics West 2019にて,新型のQCW半導体レーザー励起ナノ秒固体レーザー「MERION C」および「MERION MW」を発表した(同社HP)。

両シリーズともにPlug&Play可能な波長変換モジュールを装着可能で,基本波の1064nmのほか,532nm,355nm,266nmの波長選択ができる。

「MERION C」は最大400Hzのパルス動作が得られ,「MERION MW」は200Hzまでの繰り返しにてパルスあたり最大650mJのエネルギーが得られる。LiDAR,光音響イメージング,アブレーション,LIBS,PIVなどの用途を見込んでいる。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 光響,UVレーザークリーナーを発売
    光響,UVレーザークリーナーを発売 2021年02月15日