シーメンス,3Dプリントの精度向上シミュレーションを発表

シーメンスは,3Dプリント・プロセス実行時における歪みを予測する新しいアディティブ・マニュファクチャリング・プロセス・シミュレーションのソリューションを発表した(製品ページ)。

このソリューションは,同社のエンド・ツー・エンドのアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションに完全統合され,実用部品の設計及びプリントが大幅に改善されるというもの。また,同社の包括的なデジタル・イノベーション・プラットフォームとSimcenterTMポートフォリオを基盤とし,プリント・プロセスをシミュレートする。

同シミュレーションはデジタル・ツインの手法により,プリントを実行する前に,3Dプリント・プロセス実行時における歪みを予測し,その歪みを補正した修正モデルを自動作成する。これは,「一発で正確なプリント」を実現するうえで非常に重要という。

金属部品の3Dプリントでは,一般的にプリント層の融合に熱が使われる。プリント層が造形されていくと,プリンター内の部品が残留熱によって歪んでしまう。部品自体に構造的な問題が生じるのはもちろん,プリントが中断されてしまうことがあるなど,さまざまな問題が発生する。しかしプリント・プロセスをシミュレーションすることで,これらの問題の多くを未然に防ぐことができるとする。

同社のこのソリューションは,作業ガイドが付属したワークフローに従って,歪みの評価,リコーターの衝突予測,過熱箇所の予測,その他プリント・プロセスに関する重要な情報の収集が行なえる。

また,ワークフロー中の設計ステップとビルドトレイのセットアップ・ステップ,そしてシミュレーション・ステップの最適化を繰返し検討できる機能も提供する。このクローズド・ループのフィードバック機能は,同社のデジタル・イノベーション・プラットフォームならではの高度な統合によって可能になっている。

シミュレーション・データが作成されると,それを情報のデジタル・スレッドに結び付け,プリント・プロセスの各ステップに情報を伝達する。このデジタル・バックボーンは,補正モデルを作成できる。さらにデータ変換することなく,その補正モデルをモデルの設計プロセスと製造プロセスにシームレスにフィードバックできるという。

同ソリューションは,最新のNXTMソフトウェアとSimcenter 3Dソフトウェアの一部として,2019年1月にリリースするとしている。

その他関連ニュース

  • 千葉大ら,光伝播のスロー動画を55万倍高速計算 2021年11月25日
  • 早大,金属3Dプリンタの熱変形を設計で低減 2021年11月09日
  • 森精機,レーザー金属積層造形機を開発 2021年10月20日
  • 阪大,非接触でAM造形物表層の微小欠陥を検出 2021年09月17日
  • NEDOら,液晶がナノ構造化する際の新現象を発見 2021年09月10日
  • 愛媛大ら,真珠の輝きを再現する光学モデルを構築 2021年07月29日
  • Zemax,「OpticStudio」など最新版をリリース 2021年06月02日
  • イグアスとXYG,光硬化樹脂開発用光造形機を発売 2021年05月13日