フジクラ,世界最高となる6,912心光ケーブルを発売

フジクラは,世界最高レベルの超多心高密度光ケーブル「6,912心Wrapping Tube Cable®」(WTC®)の販売を開始した(ニュースリリース)。

同社独自技術の12心間欠固定型光ファイバリボンSpider Web Ribbon®(SWR®)に従来よりも細径なファイバ径200μmのファイバーを適用することで,6,912心と世界最高レベルの超多心構造でありながらも外径35mm,質量750kg/kmと細径かつ軽量な光ケーブルを実現した。

また,200μmファイバーで構成されたSWRは汎用の250μmSWRとファイバー間隔を揃えた構造のため、既存の融着接続器で200μmSWR相互の一括融着接続はもちろんのこと,250μmSWRや汎用リボンとの一括融着接続も可能となっているという。

近年,動画配信・クラウドサービス等の進展により,大容量伝送網の構築が飛躍的に進んでいる。同社は同製品により,これらのネットワークを支え,今後も高度情報通信社会の発展に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,海底向け4コアファイバで12000km伝送 2020年11月30日
  • NTT,光ファイバによる感染予防技術を開発 2020年11月16日
  • 北大ら,究極透明ガラスの構造を解明 2020年10月01日
  • 古河電工,6912心光ケーブルを小径敷設 2020年08月05日
  • エーディテクノ,高強度光ファイバーケーブル発売 2020年07月02日
  • クラレのPSF,「日化協技術賞」技術特別賞受賞 2020年05月20日
  • 東大ら,光ネットワークの仮想化制御に成功 2020年04月20日
  • 富士通,補償技術で科学技術賞開発部門受賞 2020年04月08日