【OPTO TAIWAN】和蓮光電科技のマイクロLED

和蓮光電科技は,空間変調器(SLM)をはじめとするディスプレー技術の開発企業。今回,Micro LEDの実装技術の展示および4KのLCOSおよびSLMを用いたホログラフィ技術のデモを行なっている。

同社はシリコン上にマイクロミラーやマイクロ流路,SLMの実装を得意としている。特にLEDにおいては,GaNナノワイヤーを用いたマイクロLEDディスプレーを開発する米gloと協力してパネルチップを作成しているほか,次世代自動車ヘッドライト用にミニLEDを用いたヘッドランプモジュールの開発も進めている。

今回展示したのは0.55インチのマイクロLEDディスプレーモジュール。緑一色だが解像度は960×450,ピクセルサイズは12.8μmとなっている。フルカラー化も可能だといい,また,このモジュールを並べることで大型化にも対応できるとしている。ただし,基本性能の多くは使用するLEDに依存する。

和蓮光電科技の取締役会長で,光電科技工業協進会(PIDA)の新会長も務める邰中和氏は,同社の技術について「Optoelectronics」ではなく「Electronics optics」だとし,LCOSやLEDといった光学製品を用いることでさらに応用につなげるスタンスを見せる。SLMについては医療,検査,通信などの応用が期待されているが,同社はARやMRにも応用を進めており,ヘッドマウントディスプレーを開発するオキュラスやマイクロソフト,サムスンにもSLMを供給してるという。

その他関連ニュース

  • 京セラ,生き物の育成・観賞用に特化したLEDを発売 2024年06月17日
  • 大興製作所,SPOT光源の波長ラインナップを強化 2024年06月03日
  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日
  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • NHK技研,伸縮可能なフルカラーディスプレーを開発 2024年05月22日
  • 豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発
    豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発 2024年04月22日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日