角川アスキー,網膜走査型レーザーアイウェアの販売開始

角川アスキー総合研究所は,アスキーブランドの公式オンラインストア「アスキーストア」(http://ascii-store.jp/)にて,QDレーザが開発・販売する網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA® Display」の初の一般(個人)向け受注を7月31日より開始した(ニュースリリース)。 価格は598,000円(税別)。2018年秋の出荷を予定している。 

「RETISSA® Display」は従来のスマートグラス(メガネなどの装着によって視界内に画面などを映すウェアラブルデバイス)と異なり,網膜に直接映像を照射することで,視力に左右されない映像が見られる製品。

従来のスマートグラスは映像部分を注視すると背景のピントがずれ,逆に背景を見ると映像がぼやけてしまうという問題点があった。この製品は,映像と背景の両方を同時にクッキリと見ることができ,ARの実現に最適だとする。

また,目のピント調節機能の影響を受けないため,近視や遠視,乱視,老眼など視力に課題がある人でも矯正なしでクリアな映像を楽しむことができる。QDレーザでは,網膜の機能が失われていなければ,ロービジョンと呼ばれる著しく視力が低い人でも映像を見ることが可能となる医療機器の開発を進めているが,この製品は同じ技術を応用したものとなる。

この製品の初の一般向け受注は,QDレーザと,オープンイノベーションに関わる情報メディア「ASCII STARTUP」とのコラボレーションによって実現した。オンラインECサイトでは同ストアのみ(2018年7月31日時点)の販売になるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,発電・蓄電するシート型生体センサー開発 2021年04月26日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日
  • 日本触媒,iOLEDフィルム光源を織物に応用 2021年04月19日
  • HOYA,視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化 2021年04月02日
  • NEDOプロ,光学経皮ガスセンサー評価環境を構築 2021年03月31日
  • ドコモ,開発中のウェアラブルディスプレーを公開 2021年02月04日
  • 東大ら,印刷できるn型有機半導体単結晶を開発 2020年11月18日
  • マウザー,バイオセンサーモジュールを発売 2020年10月29日