SEMI,2018年年央の半導体製造装置市場予測を発表

SEMIは7月9日(現地時間),2018年年央の半導体製造装置市場予測を発表した(ニュースリリース)。

それによると,2018年の半導体製造装置(新品)販売額は,前年から10.8%増の627億ドルになると予測。これは,前年に記録された566億ドルを上回る過去最高となる。2019年は7.7%成長し,676億ドルに達する見込みだという。

2018年の装置カテゴリー別市場は,ウェーハプロセス処理装置市場が11.7%増の508億ドル,その他の前工程装置(ファブ設備装置,ウエハ製造装置,マスク/レチクル製造装置)が12.3%増の28億ドル,組み立ておよびパッケージング装置が8.0%増の42億ドル,テスト装置が3.5%増の49億ドルと,それぞれ予測した。

2018年の地域別市場では,韓国が昨年に引き続き首位を守る。中国は初めて順位を2位まで上げ,台湾は中国に抜かれて3位となる。全地域市場の内,台湾以外は,いずれもプラス成長が見込まれる。成長率では,中国が最高の43.5%,次いで日本の32.1%,その他地域(主に東南アジア)の19.3%,欧州の11.6%,北米の3.8%,韓国の0.1%の順となるとしている。

予測では,中国の装置販売額は2019年に46.6%増と急増をし,173億ドルに達する見込み。2019年も,中国,韓国,台湾が上位3位を占めることが予測されるが,首位は中国に変わるという。韓国は163億ドルで2位,台湾は123億ドルで3位になるとした。

※金額は10億米ドル

  2015年 2016年 2017年 2018年予測 2019年予測
中国 4.9 6.46 8.23 11.81 17.32
欧州 1.94 2.18 3.67 4.1 3.97
日本 5.49 4.63 6.49 8.58 7.72
韓国 7.47 7.69 17.95 17.96 16.31
北米 5.12 4.49 5.59 5.8 6.22
その他地域 1.97 3.55 3.2 3.82 3.75
台湾 9.64 12.23 11.49 10.66 12.3
合計 36.53 41.23 56.62 62.73 67.58

(出典:SEMI、2018年7月)

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • ラムリサーチ,パルスレーザー成膜装置を発売 2024年04月02日
  • ギガフォトン,最新ArF液浸光源機種を出荷 2024年04月02日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日
  • 2023年シリコンウエハー市場,出荷面積・販売は縮小 2024年02月09日
  • 2024年,世界半導体生産能力は月産3,000万枚へ 2024年01月10日