AGC,ESO望遠鏡の分割鏡コーティング設備を供給

AGCグループは,European Southern Observatory(ヨーロッパ南天天文台,ESO)と同天文台の建設する世界最大光学望遠鏡,欧州超大型望遠鏡の分割鏡コーティング設備の供給契約を締結した(ニュースリリース)。

GCグループの中核企業であるAGCガラス・ヨーロッパ社は,欧州超大型望遠鏡の分割鏡の製造に使用されるマグネトロン・スパッタリング・コーティング設備の供給契約をESOと締結した。ESOが建設する欧州超大型望遠鏡は,アタカマ砂漠(チリ)に設置される。

欧州超大型望遠鏡は798枚の分割鏡から構成される口径39mの巨大な分割主鏡を備え,宇宙から光を集め,新たな銀河の発見や系外惑星の研究,遠い宇宙のその他の天体や現象の調査を可能にする。

AGCガラス・ヨーロッパ社の提供する設備は,分割鏡の銀層に2層のコーティングを行ない,砂嵐などの厳しい気象から分割鏡の銀層を保護する。同社は,チリのパラナル天文台にある欧州超大型望遠鏡の技術施設で,マグネトロン・スパッタリング・コーティング設備の設計,製造,組立,委託業務を行なうという。

その他関連ニュース

  • 日大ら,ブラックホールでのガンマ線渦生成を解明 2021年11月26日
  • NAOJら,望遠鏡画像からAIで希少銀河を検出 2021年11月26日
  • 東北大,宇宙背景放射の偏光面の回転機構を提唱 2021年10月29日
  • 京産大,ハッブル定数問題を理論的に説明 2021年10月27日
  • すばる望遠鏡,生まれたての太陽系外惑星を発見 2021年10月25日
  • 阪大,天体プラズマ乱流をパワーレーザーで再現 2021年10月25日
  • 東大ら,X線バースト天体の不安定Mg燃焼を解明 2021年10月21日
  • ソニーCSLら,ISSと地上局で光ダウンリンク確立 2021年10月12日