資生堂ら,酸化した肌からの微弱発光を可視化

資生堂は東北工業大学との共同研究により,超高感度冷却CCDカメラによる測定技術を応用することで,肌を傷つけることなく直接,紫外線による肌の酸化ダメージのサンスクリーンでの防止効果を可視化することに成功した(ニュースリリース)。

生物は,バイオフォトンと呼ばれる目には見えない極微弱な光を発している。この極微弱な光は酸化ダメージによって増加することが知られているが,非常に弱い光のため可視化することは困難だった。

人の肌もバイオフォトンを発しており,紫外線を浴びると肌の酸化ダメージが進み,肌からバイオフォトンが多く発するといわれている。従来,肌の酸化ダメージの評価は肌から採取した角層サンプルや培養細胞を用いて行なってきたが,超高感度冷却CCDカメラによる測定技術を応用することで,バイオフォトンを撮影でき,肌の酸化ダメージを高精度で可視化した。

超高感度冷却CCDカメラによる測定技術を応用し,サンスクリーンを使用した部分と使用していない部分に紫外線を照射し,肌の酸化ダメージを比較した。その結果,サンスクリーンを使用した部分では,明らかに紫外線による肌の酸化ダメージを防止できることを今回初めて可視化した。

このようにサンスクリーンの効果を視覚的に示すことができるようになったことで,サンスクリーンを使用することの重要性,塗り直すことの必要性などを伝えられるようになった。同社では今後,この技術をサンスクリーンをはじめとするスキンケア製品開発へ広く応用するとしている。

その他関連ニュース

  • エイブリックら,オーロラ観測用紫外線カメラ開発 2021年09月30日
  • ウシオ,皮膚科向け365nm LED紫外線治療器を発売 2021年03月02日
  • 日亜化学,除菌機能を持つ白色LEDを発売 2021年02月02日
  • 東北大,潜在的なシミをデジタル写真で計測 2021年01月29日
  • 東北大ら,ヒト皮膚組織内のメラニン色素を可視化 2020年12月25日
  • ウシオ,ウイルス不活化ダウンライトを発売 2020年12月01日
  • 医科歯科大,光で接着力が低下する接着剤を開発 2020年11月26日
  • 東工大ら,可視光を340nm以下にする溶液系を開発 2020年11月26日