ギガフォトン,中国でシェア70%を獲得

ギガフォトンは,中国での拠点の増設,ハイエンド機種の販売促進,旧機種製品へのサポート強化を着実に行なった結果,中国でのマーケットシェア70%を獲得したと発表した(ニュースリリース)。

同社は,90年代後半より中国進出を開始し,現在までに,上海,北京など11箇所にサービスサポート拠点およびトレーニングセンターを設立し,これにより新規レーザーおよび,設置後20年近い旧機種製品に対するサポートを実現している。

またハイエンド機種である液浸ArFレーザーは技術の安定性とコストパフォーマンス面において好評価を得ており,中国市場でも設置台数を伸ばし,今後もさらなる増加が見込まれているという。これらの結果,同社は中国のマーケットシェアの70%を獲得することができたとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,出力5kWの青色レーザー発振器を開発 2024年06月04日
  • 【解説】青色半導体レーザーの高出力化が進展も,実用化にはビーム制御も重要 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 阪大ら,2光子衝突による電子・陽電子対生成を発見 2023年08月21日
  • フォトテクニカ,超短パルス生成モジュールを発売 2023年07月31日