ソニー,最高解像度の0.5型有機ELディスプレー発売

ソニーは,0.5型で最高解像度となるUXGA(1600×1200)を実現した有機ELマイクロディスプレー「ECX339A」を商品化すると発表した(ニュースリリース)。

今回,独自の有機ELディスプレー技術と微細化プロセス技術により世界最小の6.3μm画素ピッチを達成し,従来比約1.6倍の高解像度化を実現した。一般的には,トランジスタの小型化により,特性のばらつきや耐圧の低下が起こる。この商品は,独自の補正回路に加え,個々のトランジスタのレイアウトやプロセスを最適化することによりそれらを低減した。

さらに,カラーフィルターをシリコン基板上に直接形成し発光層との距離を縮めるとともに,カラーフィルターの色配置を工夫することにより,視野角特性を確保し,高解像度化を実現した。

新規設計の駆動回路により,従来比2倍の240fpsまでのフレームレートに対応。すばやく動く被写体をファインダーでより正確に捉えることが可能となり,重要なシャッターチャンスを逃さず,快適に撮影ができる。また,ヘッドマウントディスプレイ機器向けとしても,ARにおける現実世界に重畳する仮想映像のずれの改善,またはVR酔いを軽減することに役立つ。

従来比2分の1の電圧で動作する新設計の周辺回路を採用することにより,画素数が約1.6倍に増加したにも関わらず,同一のフレームレートにおいて,従来品と同等の低消費電力を実現した。

有機ELマイクロディスプレーは,高コントラスト,広色域,。高速応答性能の特長を活かし,デジタルカメラの電子ビューファインダー(EVF)として広く採用されている。今回,高解像度や高フレームレートを実現したことで,よりリアルな映像表示と確実な被写体の捕捉が可能となり,画質への要求がきわめて高いハイエンドカメラへの搭載も可能となるという。

さらに,高画質な有機ELマイクロディスプレーは,今後AR(拡張現実)やVR(仮想現実)向けのヘッドマウントディスプレー機器など,様々な市場での利用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NHKら,有機ELの電子輸送材料を不要に 2021年05月14日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日
  • 日本触媒,iOLEDフィルム光源を織物に応用 2021年04月19日
  • 東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得
    東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得 2021年04月12日
  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日