ソニーPCL,8K LEDディスプレーのレンタルを開始

ソニーピーシーエル(ソニーPCL)は,ソニーが開発した「Crystal LED ディスプレイシステム」を導入し,8K(7,680×4,320)に対応した440インチ構成による大型ディスプレーシステムのレンタルサービス(世界初)を4月1日より開始する(ニュースリリース)。

ソニーの「Crystal LED ディスプレイシステム」は,微細なLED素子を配列した画素を,画素ごとに駆動させる自発光のディスプレー方式を用いており,高コントラスト,広色域の豊かな映像表現を可能としている。高速動画応答性能にも優れており最大120fpsでの映像表示が可能。

また,ディスプレーユニットとディスプレーコントローラーの組み合わせにより,設置スペースや演出意図に応じた任意のサイズ構成が可能なディスプレーシステムとなっている。

同社は「Crystal LED ディスプレイシステム」の運用にあたり,8K4K(7,680×4,320)440インチ構成を基本に,ワイド8K(7,680×2,160)400 インチ,4K(3,840×2,160)220インチ構成の計3タイプを軸に展開を進め,イベントやプロモーション,ショールームや展示施設などにおける超高精細映像のニーズに対応する。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • G-Smattら,可視光LEDによるコロナ不活化を確認 2021年06月23日
  • 2021年偏光板世界生産量,前年比8.3%増の6.2億m2 2021年05月26日