オプトサイエンス,フレキシブルな非球面ビーム形成システムを発売

オプトサイエンスは,独Asphericon社製の,非球面オプティクスでフレキシブルかつ頑強なビーム成形が可能な非球面ビーム形成システム「TopShape」と「AiryShape」の取扱を開始した(製品ページ TopShape / AiryShape)。

測定技術や生物学の分野では,最適な照明を得るためにレーザビームプロファイルの均一性が常に求められる。材料加工においては,トップハット型ビームを使って材料に対する熱の印加や加工速度を最適化することができる。

ガウシアンビームのプロファイルは,そのフレキシブルな特長から,産業および研究分野で広く使用されているが,ビームプロファイルが不均一であったり,ビーム端で高エネルギーが欠如してしまうために,受け入れられないというアプリケーションもあった。

「TopShape」と「AiryShape」は,コリメートされたガウシアンビームプロファイルのビームを,コリメートまたは集光されたトップハット強度分布へと変換するビーム形成システム。

「TopShape」は,可変距離でのトップハット型強度分布を生成する。システム全長は約80mmで,これは市販されているほとんどのシステムの半分の長さ程度。ビームを再分配する非球面オプティクスの製造技術の進歩によって,制限を取り除くことができるようになった。

「AiryShape」無限焦点ビーム成形システムは,3~300mm(FWHM)範囲の均一な強度分布を生成することができ,最大径約1mm(FWHM)までの小さなトップハットプロファイルの生成が可能となっている。集光レンズの焦点面にトップハットビームプロファイルを生成する他,異なる作動距離では異なるビームプロファイルを生成することもできる。

この2つのシステムは,出力ビーム直径を拡大するか縮小するかによって区別して使用する。共に高い柔軟性により,コリメートされたレーザビームだけでなく,ファイバカプリングされた光源も使用することができる。さらに、入力および出力ビームはスケーラブル(拡大縮小可能)で,1台のビーム成形システムだけで幅広いトップハットサイズをカバーすることができ,非常にフレキシブルなシステムレイアウトが可能となっている。

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,出力5kWの青色レーザー発振器を開発 2024年06月04日
  • 【解説】青色半導体レーザーの高出力化が進展も,実用化にはビーム制御も重要 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日
  • 理研,極超短パルス光を光渦に変換し時空間構造制御 2023年11月28日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 阪大ら,2光子衝突による電子・陽電子対生成を発見 2023年08月21日