三菱電機,物体の質感を表現するディスプレー技術を開発


三菱電機は,物体の質感をディスプレーにリアルに表現する質感表現技術「Real Texture(リアル テクスチャー)」を開発した(ニュースリリース)。

これは,ディスプレーを見る人の頭の動きをカメラで追跡して反射光の強度を計算し,リアルタイムに表示物の光沢・陰影の位置を変化させてディスプレーに表示するもの。表示物表面の光反射特性を再現することで,二次元の画像を立体感のある画像として表示する。特に,金属など光沢のある素材の質感をリアルに表現することで高級感を演出できる。

両眼視差を用いる立体視専用のディスプレーでなく二次元の平面ディスプレイを使用し,人の頭の位置を追跡するカメラと構成して安価なシステムを実現した。

その他関連ニュース

  • 【現場レポ】NHK技研公開,未来のテレビにまた一歩 2024年06月24日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • ams OSRAM,明るさを向上した自動車前照灯LED 2023年11月24日