岡野電線,繰返し曲げられる細径光ファイバーケーブルを発売

古河電エグループの岡野電線は,繰返し曲げに耐えられる光ファイバーケーブルである「ロボ・バウアー」をより細く,より軽くコンパクトにした「極細径ロボ・バウアー」の販売を2月から開始した(ニュースリリース)。

石英ガラスを用いた光ファイバーケーブルは,一般的に,屈曲後すぐに光損失が増すことがあり,長期の信頼性や耐久性に問題があったが,同社が2013年12月に販売した「ロボ・バウアー」はこれらの問題を改善している。

今回開発に成功した「極細径ロボ・バウアー」は,販売中のロポ・バウアーに対する意見であった「狭小部配線時の余分なコード分岐部の処理に困っている」という問題について,2連LC(DLC)コネクタとコード外径旋Φ2.8mmの接続をユニブーツ化することで改善した。

屈曲性能は,極細径でありながら「ロボ・バウアー」と同じ,1億回以上の左右屈曲試験,4,000万回以上のU字摺動試験に合格している(試験継続中)。高い信頼性,耐油・耐熱・難燃性等の耐環境性が求められる,産業用ロボット,マウンタ用伝送装置,医療機,マシンビジョンなどの可動部配線に最適なケーブルだとしている。

その他関連ニュース

  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • 宇大,開発した赤外硬化樹脂で光素子を無調芯接続 2021年10月06日
  • 慶大,POFで53Gb/sエラーフリー伝送に成功 2021年09月27日
  • NTTのVAD SM光ファイバ,未来技術遺産に 2021年09月14日
  • OKI,光ファイバーセンサー製品がNETISに登録 2021年08月30日
  • 古河電工,6912心光ケーブルと多心融着接続機開発 2021年08月04日
  • KDDIら,4コアファイバで7,200kmリアルタイム伝送 2021年06月25日
  • 古河電工ら,海底向け4コアファイバで12000km伝送 2020年11月30日