島津製作所,コンパクトなFT-IR 2機種を発売

島津製作所は,A3サイズに収まるコンパクトなフーリエ変換赤外分光光度計「IRSpirit(アイアールスピリット)」シリーズ2機種「IRSpirit-T」と「IRSpirit-L」を10月5日に発売する(ニュースリリース)。価格は「IRSpirit-T」が280万円~,「IRSpirit-L」が220万円~(いずれもソフトウェア込み,税別)。

FT-IRは,サンプルを透過あるいはサンプルから反射した赤外光を検出し,フーリエ変換処理を行なって波長成分を得る装置で,物質の同定や定量,化学構造の推定などを行なうことができる。近年は,ラボで場所を取らないコンパクトモデルの需要が高まっており,サイズと拡張性,使い勝手を両立する装置が求められている。

新製品は,コンパクトながら同社のスタンダードモデルと同じ幅の試料室を有しているため,同社製オプションや市販の他社製オプションをそのまま使用できる。他社製オプションを使用可能なフーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)としては,世界最小の設置面積かつ世界最軽量を実現した。

複雑なパラメータ設定を必要とせず,分析目的や手法を選択する簡単な操作だけで23通りの確認試験や異物分析を実行できるプログラムも標準搭載する。分析の目的に合わせ,同社スタンダードモデルと同等の感度で分析可能な「IRSpirit-T」とリーズナブルな価格の「IRSpirit-L」を選択できる。

同社は,ハードとソフトの両面から開発を進め,試料室の幅はそのままに自社スタンダードモデルの1/3以下の設置面積を実現し,分析に習熟していなくても良好なデータ取得を可能にする新しいプログラムなども導入した。製薬や化学,食品,大学などの業界を中心に展開し,発売から1年間で国内外計850台の販売を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 理科大ら,無機ナノ粒子表面のタンパク質挙動解明 2022年07月14日
  • 島津,超音波光探傷装置を発売 2022年06月09日
  • 東大ら,AIで量子指紋を解読しナノ微細構造を復元 2022年06月09日
  • 理研ら,SRXμCTで4億年前の脊椎動物の化石を観察 2022年05月26日
  • 立命大ら,全固体電池材料をXFELで非破壊観察 2022年05月26日
  • 京大ら,次世代自動車用鋼板の組織変化を直接観察 2022年05月16日
  • 東北大ら,放射光で枝豆の内部構造を見える化 2022年04月28日
  • 阪大ら,ミュオンで非破壊三次元元素分析に成功 2022年04月27日