浜ホト,小型・低価格の1次元InGaAsイメージセンサを発売

浜松ホトニクスは,⼩型LCC (Leadless Chip-Carrier)パッケージを採⽤した低価格の1次元InGaAsイメージセンサ「G13913シリーズ」を製品化した(ニュースリリース)。

一般に近⾚外分析機器にInGaAsイメージセンサは多く使われているが,装置の小型化に伴いセンサの小型化・低消費電流化が求められてきた。

このシリーズは,裏面入射構造を採用し,128/256画素にすることで⼩型・低価格を実現した。従来品は⼤型分析機器などのハイエンド製品への搭載が主な⽤途だったが,このシリーズは⼩型・低価格であるため携帯機器への搭載が可能となる。

その他関連ニュース

  • SSS,セキュリティカメラ用イメージセンサー発売 2022年07月21日
  • キヤノン,世界最高画素数のSPADセンサーを開発 2021年12月20日
  • ソニー,イメージセンサー画素にトランジスタ積層 2021年12月17日
  • 竹中電子,熱材位置検出センサーを発売 2021年11月08日
  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • ソニー,UV対応813万画素CMOSセンサー開発 2021年09月29日
  • ソニー,イベントベース方式の画像センサーを発売 2021年09月14日