三菱電機,衛星機器生産棟が竣工

三菱電機は,鎌倉製作所相模工場(神奈川県相模原市)内に建設していた,人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品の製造・試験を行なう「衛星機器生産棟」が竣工し,10月に稼働開始すると発表した(ニュースリリース)。

同社は,人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品を鎌倉製作所相模工場で生産し,自社の衛星に搭載するほか海外衛星メーカーにも供給するなど,人工衛星関連事業を国内外で展開している。

今回,鎌倉製作所相模工場に「衛星機器生産棟」を建設し,大型精密機械加工機や自動溶接機などの生産設備を導入して生産能力を従来比最大2倍に増強した。また,工場内に点在していた製造・試験エリアの集約による,部品の製造から各種パネルの製造・試験までを一貫して行う体制を構築した。

同社では今後,鎌倉製作所で建設する「新衛星生産棟」(2019年7月竣工予定)による衛星生産能力の増強と併せ,同社の宇宙システム事業の2021年度売上高,1,500億円を目指す。

その他関連ニュース

  • 浜ホト子会社,増産に向け電子管光源製造棟を建設 2021年07月27日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • 浜ホト,電子管製品増産に向け新棟を建設 2021年05月25日
  • ウシオ,投影露光装置の生産能力を再増強 2021年05月11日
  • 名大ら,X線偏光観測衛星の部品を製作・納入 2021年04月26日
  • ソニーセミコン,新規CMOSセンサーラインを稼働 2021年04月21日
  • 浜ホト,売上拡大に対応する新棟建設 2021年04月21日
  • NICT,衛星からのレーザーを地上局での受信に成功 2021年03月25日