JAXAら,衛星によるメタン濃度データ公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA),国立環境研究所,環境省は,温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づくメタンの全大気平均濃度データを公開した(ニュースリリース)。

3者が共同で開発した世界初の温室効果ガス観測専用の衛星である「いぶき」は,平成21年1月23日の打上げ以降,現在も観測を続けている。

今回,二酸化炭素に次いで地球温暖化に与える影響の大きい重要な温室効果ガスであるメタンについて,「いぶき」観測データを使って,地上から上空までの「地球大気全体(全大気)」の平均濃度を算出した。

その結果,月別平均濃度は晩秋・冬に極大,初夏に極小という季節変動をしながら年々上昇し,平成29年1月には過去最高の約1815ppbを記録した。

さらに推定経年平均濃度は平成27年頃に増加率が上昇し,平成29年2月には過去最高の約1809ppbに達したこともわかった。

このような地球規模のメタン濃度の動向は「いぶき」の観測によって今回世界で初めて示されたものであり,衛星による温室効果ガス観測の重要性を表すものだとしている。

その他関連ニュース

  • ソニー,宇宙光通信事業を行なう新会社を設立 2022年06月07日
  • 名大ら,オーロラにロケットを命中させて観測 2022年03月29日
  • ソニーら,低軌道環境で光通信データ転送に成功 2022年01月28日
  • 北見工大ら,海洋由来のエアロゾル粒子に新知見 2021年12月15日
  • NIESら,南米のメタン放出量と気象の関係を解析 2021年12月15日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 電通大ら,気象衛星で夜光雲を観測する手法を開発 2021年10月25日