シャープ,超短焦点レーザープロジェクターを発売

シャープは,わずか約49cmの投写距離から100型の映像を映し出せる,レーザー光源採用の超短焦点プロジェクター2機種「PG-LU400Z/PG-LU300Z」をそれぞれ8月上旬と6月下旬に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

短い距離から大画面の投映が可能な超短焦点タイプ。スクリーンの前に人が立っても影が映り込みにくく,またショーウィンドウのような奥行きが限られたスペースでも利用できる。最大150型(投映画像サイズ:高さ約187cm×幅約332cm)まで投映でき,等身大の人物など臨場感のある映像を映し出せる。

光源には約20,000時間交換不要なレーザーを採用。従来の水銀ランプに比べ,約7倍長持ちするので,メンテナンスコストを削減できる。さらに4,000ルーメンの高輝度(「PG-LU300Z」は3,000ルーメン)なので,教室やショーウィンドウなど明るい場所でも鮮明な映像を映し出せる。

0.65型DLP®チップを用い,解像度は1,920×1,080となっている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日
  • 富士フイルム,新型超短焦点プロジェクターを発売 2021年03月16日
  • リコー,超小型LEDプロジェクターを発売 2021年02月02日
  • エプソン,3LCD方式プロジェクター新モデル発売 2020年10月27日
  • リコー,最至近投影が可能なプロジェクター発売 2020年07月27日
  • 富士フイルム,回転機構プロジェクターに新機種 2020年07月17日
  • アストロデザイン,高輝度8Kプロジェクター発売 2020年06月29日