日亜,レーザーダイオードの生産体制を拡充へ

日亜化学工業は,本社工場(徳島県阿南市)に新たな生産棟を建築し,半導体レーザーダイオード(LD)の生産体制を拡充すると発表した(ニュースリリース)。

新生産棟の投資額は113億円を予定しており,2020年までに約220億円の投資を見込んでいる。これらにより,2020年にはLDの生産数量を現在の3倍強へ増強する計画だ。竣工は2019年1月30日を予定している。

LDは,プロジェクターや露光機,内視鏡などの産業用機器向けに用途が拡大しているほか,今後は自動車ヘッドライトへの搭載も進むことが予想されている。同社はこうした応用市場向けにGaN系LDを供給し,トップシェアにあるが,今回新たなLDの生産棟を設けることで車載向け市場のさらなる開拓を目指す。

なお同社は,車載ヘッドランプ向けとして「GIGAWHITE」の製品名で,375cd/mm2のピーク輝度(2017年1月発表時点)を持つ高輝度・高出力LDの開発を発表している。

その他関連ニュース

  • KOALA Tech,有機半導体レーザーで4億円を調達 2021年07月01日
  • 古河電工,新規事業にライフサイエンスを設定 2021年05月25日
  • エプソン,LiDARのスタートアップに投資 2021年05月25日
  • 電気硝子,光学製品用「シール材付きリッド」発売 2021年01月19日
  • 古河電工,日亜と高出力青色LDモジュールを開発 2020年06月09日
  • ウシオのLD,レーザー学会産業賞奨励賞を受賞 2020年04月23日
  • リコー, HUD向けレーザードライバを発売 2019年11月29日
  • コーニング,アップルより2億5000万ドルを調達 2019年09月19日