ウシオ,高出力赤色LDの新シリーズを発売

ウシオ電機は,レーザーレベラーやショーレーザー,各種計測用光源に利用可能な赤色光源として,波長帯639nmで高効率・低消費電力の200mW高出力シングルモードレーザーダイオード(LD)「HL63642DGシリーズ」を製品化し,2022年1月より販売を開始した(ニュースリリース)。

発振波長が630nm~640nmの赤色LDは,その視認性の良さからレベラーや測距儀を始め,レーザープロジェクターやショーレーザーなどの用途に広く用いられている。また,この波長域が蛍光試薬の励起波長であることから,ライフサイエンス分野においても多岐に渡る用途に応用されている。

同社は,これらの市場向けに,2018年より波長639nmで光出力200mWの「HL63392DGシリーズ」を拡販してきたが,市場からは継続的な特性向上・効率改善の要求があったという。例えばレベラー,測距儀市場では,旺盛な住宅・インフラ投資の活況に伴い,屋外での使用を想定した低温から高温までの幅広い温度域での安定動作,長時間駆動を可能とする,より高機能な製品が求められるようになっていたとしている。

そこで同社は,活性層構造やチップ構造パラメータの更なる最適化により,しきい電流・動作電流をそれぞれ10%以上低減し,従来製品に比べWPEを28%から33%へ改善。また,低温から高温までの動作温度を従来の-10℃~60℃から,-40℃~60℃までに拡大した。

これによりこの製品を用いた機器における低消費電力化,小型化,長時間駆動に貢献するだけでなく,寒冷地での使用など,使用可能環境の拡大を実現するという。また,LDの駆動方向を,PD搭載タイプとしてカソードコモン「HL63641DG」とアノードコモン「HL63642DG」,PDなし「HL63643DG」の3タイプをラインナップした。

この製品の主なアプリケーションは以下のとおり。
・レベラー,測距儀
・計測用光源
・ショーレーザー
・医療用光源
・レーザーモジュール

その他関連ニュース

  • スタンレー,高出力赤外VCSELの量産出荷を開始 2022年01月12日
  • 浜ホト,レーザー加熱システム5種を発売 2021年12月07日
  • 電通大ら,2µm帯固体レーザーで41fsパルス発生 2021年12月06日
  • ams OSRAM,産業用LiDAR向けLDを発表 2021年12月02日
  • 【光フェア】QDレーザのマルチカラーレーザー光源 2021年11月17日
  • SP,80W UVハイブリッドファイバーレーザー発表 2021年11月17日
  • SP,バイオイメージング向けレーザーの機能拡張 2021年11月09日
  • QDレーザ,小型マルチカラーレーザー光源を発売 2021年11月08日