ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売

ウシオ電機は,業界で最も広い使用温度範囲において安定したビーム品質を実現した,波長405nm帯,光出力175mWのシングルモードレーザーダイオード(LD)である「HL40163MGシリーズ」を開発し,2023年1Qより量産を開始すると発表した(ニュースリリース)。

405nmのシングルモードLDは,ブルーレイディスクのピックアップ光源として広く使われているが,近年,産業用センサーや医療機器,測定機器などにも用途が広がっている。

特に,半導体工程での粒子検出のためのセンサーや,電子部品や基板検査用の3Dスキャナーの分野では,より微細な粒子の検出や,より高精細な検査のニーズが増大していることから,できる限り光束密度が大きく,均一な照明が求められており,集光スポット径の小さくなる短波長で,より広い温度条件下においてもビーム品質が安定した高出力レーザーが求められている。

そこで同社は,高度な結晶成長技術及び独自の光閉じ込め制御構造を採用することで,-5℃から+85℃という同波長・同出力帯のLDでは業界で最も広い使用温度範囲を実現。また,その温度範囲全域にわたって光束密度が大きく,均一で安定したビーム特性と低アスペクト比を得る事に成功した。

これにより様々な環境下で安定したパフォーマンスが要求される産業用センサー,医療機器,測定・分析機器,3Dスキャナー,3Dプリンターなど,幅広い分野での採用が期待されるという。

なお,光出力を確認できるモニタPD内蔵モデル「HL40161MG」も合わせて開発しており,2023年2Qより量産予定だとしている。

その他関連ニュース

  • 島津,青色半導体レーザー光源で世界最高6kWを達成 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日
  • 日亜,高出力赤色半導体レーザーを内製化し販売 2023年11月15日
  • 【光フェア】メンロー,ファイバーレーザーを紹介 2023年11月09日
  • 三重大ら,縦型AlGaN系深紫外LD基板の剥離法を開発 2023年10月30日