ポラテクノ,青色光の透過率を上げた偏光板を開発

偏光フィルム・位相差フィルムなどを製造するポラテクノは,新規高性能色素と配向技術により,ブルー光の透過性能を大幅に向上させた有機ELディスプレー(OLED)向け染料系偏光板の開発に成功した(ニュースリリース)。

OLEDは,自発光型ディスプレーであるため高い表示コントラストや視野角の広さ,バックライトが不要なことによる薄型・軽量といった特徴により,モバイル機器や大型テレビで普及しており,今後もさらなる成長が予想されている。

しかし,フルカラーを実現するレッド,グリーン,ブルーの発光材料の中で,ブルー光の発光効率には依然として課題があり,消費電力のほとんどがブルー光に費やされている。また,OLEDでは電極からの反射を抑制するために偏光板を備える必要があるが,従来の偏光板はブルー光の透過性能が悪いため,発光効率をさらに低下させ,低消費電力,長寿命化を妨げる原因となっている。

同社ではOLEDの発光効率の課題を解決するため,新規高性能色素と優れた配向技術により,ブルー光の透過性能を大幅に向上(従来比約20%向上)させた新規な染料系偏光板を開発した。反射防止性能と染料系偏光板の特徴である高温,湿熱環境下での安定性も併せ持つ。これにより,OLEDの低消費電力化,長寿命化,さらには車載ディスプレーのような高耐久用途への展開にも貢献できるとしている

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • 農工大ら,超薄可変焦点レンズに偏光分離機能を統合 2024年02月13日
  • 理研ら,コンプトンカメラで原子核の内部構造を解明 2024年02月13日