近大,レアアースをベースにしたCPL発光体を開発

近畿大学の研究グループは,映画館などで3D立体映像を映し出す際に使われる,「円偏光」を発するCPL発光体を開発した(ニュースリリース)。

特定の方向に振動する光を「偏光」,そのうち振動方向が直線状のものは「直線偏光」,らせん状に回転するものは「円偏光」と呼ばれている。円偏光は,3D表示用有機ELディスプレーなどに使用される新技術として注目されている。

多くの発光体は直線偏光であるため,フィルターを用いて円偏光に変換しているが,フィルターを通すことで光強度が減少し,エネルギー効率が悪化するため,CPL発光体の開発が期待されている。

研究グループは,レアアースの一種であるユーロピウムの中心原子に,面不斉の分子を結合させることで,赤色の円偏光を発するCPL発光体となることを発見した。この発光体は,光の回転方向がクロロホルム溶液を用いると左回転,アセトン溶液を用いると右回転となる特徴がある。将来的には,左右の回転どちらも必要とする3Dディスプレーなどの製造コストの削減およびエネルギー効率の改善が期待される。

今後は,今回の研究を発展させ,ベースとなる元素を他のランタノイドに入れ替えるだけで光の色を自在に変えられる,新しいランタノイドCPL発光体の開発に取り組むとしている。

その他関連ニュース

  • 名大ら,室温で円偏光の向きを変えられる光源開発 2021年07月30日
  • 神大ら,ハリガネムシの水平偏光への誘引を発見 2021年06月22日
  • 府大,FT-IRと偏光で結晶の分子や化学結合を解明 2021年06月18日
  • 筑波大,マイクロ球体の円偏光の角度依存性を実証 2021年06月08日
  • 東大ら,自然旋光性の電場制御に成功 2021年05月06日
  • 近大ら,白金錯体に磁力を加えて円偏光を発生 2021年04月02日
  • 長崎大ら,サンドイッチ錯体から円偏光発光を観測 2021年03月25日
  • 東北大ら,キラリティ制御可能な半導体材料を作製 2021年03月24日