ドコモ,球体ドローンディスプレーを開発

NTTドコモは,無人航空機(ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向け,全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレー」を世界で初めて開発した(ニュースリリース)。

開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は,環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え,LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレーを,内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができる。

これにより,コンサートやライブ会場において,空中で動き回る球体ディスプレーによるダイナミックな演出や,会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となる。

ドローンの機体周りに球形のディスプレイを備えることにおいては,これまではドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレーがさまたげてしまう課題や,ディスプレー搭載による重量の増加といった課題があった。今回,LEDの残像によってディスプレーを表示する技術を応用することにより,空中で球形ディスプレーを活用した演出が可能となった。

今後,2018年度の商用化をめざし,スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出,広告および案内等)としての提供を検討する。

なお,「浮遊球体ドローンディスプレイ」を4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し,会場内でのデモ飛行を予定している。

その他関連ニュース

  • オフィール,ドローン向けMWIRズームレンズを発表 2022年09月22日
  • 群大,ドローンに下げたスクリーンへの投映技術開発 2022年09月22日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • トーヨーカラー,青色光カット剤でOLED長寿命化 2022年07月28日
  • 2027年,中小型AMOLED市場は3兆9,701億円に 2022年07月28日
  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • 電通大,透明や曲面上に歪みのない空中像を表示 2022年04月15日
  • JDI,従来比4倍の移動度の酸化物半導体TFT実現 2022年04月01日