NTT Comグループ,海底ケーブル敷設船を新造


NTTワールドエンジニアリングマリン(NTTWEM),NTTコミュニケーションズ(NTT Com)およびNTTファイナンス(NTTファイナンス)は,新たな海底ケーブル敷設船「きずな」が2017年3月31日に竣工しと発表した(ニュースリリース)。

「きずな」は総トン数8,500t,全長109m,全幅20m,航海速力13ノット。NTTWEMが運用する他3隻の敷設船と共に,NTTWEMの親会社であるNTT Comをはじめ,国内外の通信会社やサービス事業者が,ネットワークやクラウドサービスなどを提供するために利用する海底ケーブルの敷設や保守を行なう。

また,大地震などにおける迅速な通信復旧に活用できる,災害対応機能を付加した初めての敷設船となる。

その他関連ニュース

  • NEC,欧州~米国間の超大容量光海底ケーブル受注 2021年10月08日
  • NECら,マルチコア海底ケーブルを開発 2021年10月04日
  • NEC,台湾へ海底ケーブル式地震観測システム納入 2021年01月26日
  • NEC,パラオと海底ケーブルの供給契約締結 2021年01月14日
  • NEC,インドのベンガル湾に海底ケーブルを敷設 2020年12月18日
  • 古河電工ら,海底向け4コアファイバで12000km伝送 2020年11月30日
  • NECら,大容量光海底ケーブルにシステム供給 2020年08月21日
  • NEC,光海底ケーブル「JGA」の北セグメント完工 2020年07月06日