NEC,北海道ー秋田県間の光海底ケーブルを受注

NECは,北海道と秋田県を結ぶ光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

このケーブルは総距離が約770kmで,最新の光波長多重伝送方式を採用することにより160Tb/s以上の設計容量となる。

このケーブルにより,生活や産業など様々な場面での5Gの普及にともなうデータ通信需要の拡大に対応するとともに,ネットワークの冗長性の確保による高信頼な通信の実現に寄与するとしている。

この海底ケーブルはNEC子会社のOCC,海底中継器はNECプラットフォームズで製造する。なお,契約先はNTTコミュニケーションズ,KDDI,ソフトバンク,楽天モバイルの4社。完成予定は2023年末となっている。

その他関連ニュース

  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 兵県大ら,Beyond 5G/6G向け最速アルゴ開発 2021年11月09日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • 国がんら,8K遠隔腹腔鏡手術の有用性を確認 2021年11月02日
  • 三菱,広動作温度範囲CWDM 100Gb/sチップ開発 2021年10月26日
  • 2026年光トランシーバー市場,2兆円近くに拡大 2021年10月26日