パナ,波長制御によるシニア向けLED照明を発売

パナソニックは,色の鮮やかさや文字の読みやすさを向上させた新開発「あざやかモード」搭載のLEDシーリングライトを,6月1日より発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

50~60歳代の眼の悩みとして,約4割の人が「読書や細かい作業をしたとき,すぐに目の疲れを感じる」を挙げており,他の世代と比較して高い傾向となっている。その主な原因は,加齢に伴う視機能の低下によるもので,これは「老眼」や「視力の低下」に加えて,眼のレンズの役割を果たす水晶体が透明から黄色に徐々に変化(水晶体の黄変)し,視界全体が黄色がかって見えるため。

新製品では,色や文字の見え方に着眼し,独自の波長制御技術と2013年から展開している「文字くっきり光」を応用することで,シニア世代が部屋で快適に色や文字を見ることができる波長を実現した。これは,黄みを抑え青みが引き立つ波長制御となっており,さらに明るさもアップした。その結果,色をより鮮やかに,文字を読みやすく照らすことができるという。

その他関連ニュース

  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • 阪大,明所でも鮮明なプロジェクションマッピング 2024年03月18日
  • ams OSRAM,コンパクトで汎用性に優れたLED発売 2024年03月13日
  • パナ,マイクロLEDを活用の次世代照明器具技術開発 2024年03月08日
  • ams OSRAM,チップLEDフォトダイオードを発売 2024年02月08日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日