NII,指紋盗撮防止手法を改良

国立情報学研究所(NII)は,世界で初めて開発した指紋盗撮防止手法「BiometricJammer」の視覚的違和感を軽減して利便性をさらに向上した最新の改良手法開発した(ニュースリリース)。

デジタルカメラの高画素化により,これまで接触式の指紋センサーでしか読み取れなかった指紋情報がデジタルカメラで撮影した画像からでも復元することが可能になり,不正ログインやなりすましなどに悪用されるという危険性が指摘されている。

研究グループは2016年,一般に市販されているデジタル一眼レフカメラで3mの距離から撮影した指の画像から指紋認証に必要な指紋情報の抽出が可能であることを示した上で,このような抽出を防止するために指紋盗撮防止手法「BiometricJammer」を提案した。

これは,指紋の特徴点の検出を妨害するように考えられた模様(ジャミングパターン)をステンシルシートを使って指先に転写する手法で,ジャミングパターンを装着した指先の画像から指紋情報の抽出を防ぐことができる。一方,ジャミングパターンを装着したままでも接触式の指紋センサーは正常に指紋を認識する。

今回,ジャミングパターンと装着方法を改良した最新の手法を開発した。これまでの幾何学的なパターンの代わりに疑似指紋パターンをジャミングパターンに用いることで装着した時の視覚的な違和感を低減するとともに,転写時にベース素材の塗布を不要として,より簡便な装着を実現した。

改良手法でも従来手法と同様に,撮影された画像から指紋を認識することを不能にしながら,接触式の指紋センサーでは正常に指紋が認識されるという。

その他関連ニュース

  • セキュリティ関連市場,2022年に1兆円を突破
    セキュリティ関連市場,2022年に1兆円を突破 2021年02月03日
  • 富士通研,マルチ生体認証システムを開発 2021年01月21日
  • NEC,画像認識とサーマルカメラの感染対策発売 2020年07月02日
  • 22年セキュリティ関連市場,8.9%増の1兆741億円 2020年01月21日
  • NEC,歩行中の虹彩認証技術を開発 2019年11月06日
  • 富士通,生体情報を暗号化したまま認証 2019年08月02日
  • 富士通の静脈認証装置,国際規格FIDOに対応 2019年07月04日
  • ソニー,4Kイメージセンサー2種を商品化 2019年06月27日